ロゴ専門
デザイン会社biz up!ビズアップ

0120-65-37-65

きくちはるか

Haruka Kikuchi

「どんなテイストにするか悩んでいたら、ご相談ください!」
様々なデザインタッチの使い分けが可能なデザイナー!


代表作

株式会社ティナケアさま

介護施設さまのロゴです。葉っぱのデザインは、真っ直ぐにどんどん伸びていく強い生命力を表現しました。

葉っぱに温かみを出すために、やさしいイメージの配色を選び、「お年寄りに寄り添う、やさしい気持ちが感じられます」と、お客さまにとても気に入っていただきました。

私は、おばぁちゃんっこなので、お年寄りのことを考えると・・とても楽しくお仕事できました。

cafe野・菜・家さま

湯布院でカフェをされていらっしゃるお客さまです。自家焙煎のセルフコーヒーが自慢でお洒落なお店です。 地元の野菜をふんだんに使用した、ミネストローネやカレーなどもご提供しているお店になります。

カフェの特徴が一目でわかるよう、バックに野菜を描きました。
描くときは手書きにこだわり、やさしく暖かい雰囲気を出しました。

余談なのですが、このロゴが出来たときに、大根を使った料理がなかったので、大根でカレーを作ったところ美味しかったのでメニューに採用されたそうです。ロゴからヒントを得て、新作料理のきっかけになったというのは、とてもうれしいです。今でも仲良くおつき合いさせていただいています。

VSPさま

最初はお客さまのイメージがつかめず、音の流れと業種らしさをイメージするところから始めました。

いろんなパターンのデザインをご提案をさせていただき、イメージを膨らませていきました。
最終的にピアノをメインにした、このデザインに決まりました。
VSP音楽さまとは今でもよく、メールでやり取りさせていただいております。

MANABIEさま

少人数制の学習塾さまのロゴマークです。家はマナビエさま(塾)を表しており、家の中の芽は、
これから成長していく子供たちを表現しています。

成長して芽が出る。勉強して新しい学びの芽が出るといった意味も表現しています。社員さんたちに、ロゴを気に入ってもらい「ロゴマークのイメージに負けないように、私たちも死ぬ気でがんばります」と言って頂いた時には、凄く嬉しくて、私も死ぬ気でがんばろうと思いました。

ご提案させていただいた、もうひとつのロゴも採用いただきまして、そちらは学童保育のロゴとしてご使用いただいています。


デザインの信条

――きくちさんのデザインの信条を教えてください。

自分のデザインのタッチにこだわらないことです。私はお客さまのご希望に沿ってデザインのタッチを変えたいとおもっています。

お客さまのご希望のデザインを作成し、喜んでいただくことがプロのデザイナーの仕事だと思っています。その為、日々、色々なタッチでものを表現できるように、学んでいる最中です。これからもずっと、タッチについては試行錯誤しながら表現の幅を広げていきたいです(個人の趣味でやっている絵や、写真は自分のタッチにこだわりまくってますよ。笑)。

――実際の仕事の中でこだわっていることはありますか。

ソフトにこだわらない、ということですね。また手描きにも力を入れています。

ソフトは、プロ用のみならず、無料ソフトや、パソコンに元から入っているようなペイントなども使用します。 面白い機能があればどんどんダウンロードして使ってしまいます。なので、パソコンは日々重たくなっていく一方です(笑)。

そのさまざまなソフトを使用した上で、 最終的にはイラストレーターで仕上げをしていき完成!といった感じです。 それと、デザインの上では、想像力も凄く大事ですね。

――想像力というのは。

私は想像するということが、凄く好きなんです。特に音楽を聞いているときの想像力は凄いです。 聞いている音楽に合わせて、まわりの景色が物語(プロモーションビデオ)のように見えてきてしまったりすることもしばしば。

そういう想像力をデザインに活かすようにしています。
デザインをする時も、身近なものから、どんどん想像してイメージ作りをしていきます。


ロゴ制作にあたって、気をつけていること

――ロゴ制作を行うにあたって、気をつけていることはなんですか。

お客さまとの心の触れ合いを大切にすることです。 お客さまと心が触れ合い、仲良くなることができると、凄く力が出て集中できるんです。心の触れ合いができればできるほど、集中していきます。 なぜか、普段の倍くらいの力が出たりすることも。お客さまに喜んでいただきたい一心で力が湧いてくるのかもしれませんね。

以前、お客さまと意思の疎通がうまくいかないことがありました。このままではいけない。どうしたらお客さまの気持ちと寄り添えるのか一生懸命考えました。私に出来ることはデザインしかないと思い、とにかくいろんなタッチのデザインをご提案しました。

修正も妥協せず何度も何度も重ねていきました。気がつくと、お客さまとすごく仲良くなっていました。仲良くなってからはさらに驚くような集中力が出て、仕上がったデザインは、お客さまにすごく気に入っていただきました。 そのお客さまとは今でも仲良くお付き合いさせていただいています。

私にとって、お客さまとの心の触れ合いは、なくてはならないものなのですね。


プライベートについて

幼稚園の頃からキャラクター作りをしていました

――プライベートのきくちさんについて、ちょっとだけ教えてください。

とにかく何かを"造る"ということが好きです。 紙面上のみならず、写真、動画、造形、音楽、料理・・・。作れそうなものは片っ端から作ります。

幼稚園のころから画用紙に絵を描いたり、キャラクター作りをしていました。漫画を初めて書いたのも幼稚園のころ。高校生のときは、モバイルコンテンツの作成に熱心でした。実は、けっこう人気があったんですよ。

最近では写真撮影なども好きで、その写真を参考に、イラストを描くこともあります。トイカメラで撮った写真は面白いので、創作意欲をかきたたてられます。時間があれば、本格的に写真を撮りにいきたいと思っています。



お客さまへのメッセージ

――最後に、お客さまへのメッセージをお願いいたします。

デザインのイメージがよくわからない方でもお気軽にご相談ください。お客さまの気に入ったロゴができるまで、妥協せず、ご提案させていただきます。 根気は誰にも負けません。私は自分が作成したロゴで、お客さまが喜んでくださることがとてもうれしいんです。お客さまの笑顔を見ると幸せな気持ちになります。

もっともっとたくさんのお客さまに喜んでいただきたいのです。私と仲良くなってください。そして一緒に楽しくロゴを作りましょう!どうぞよろしくお願いいたします。


プロフィール

きくちはるか

Haruka Kikuchi

略歴
日本工学院グラフィック科(2年)卒業
2009年3月 ビズアップ入社、受注管理業務のかたわら、諸先輩方の中でロゴデザインの修行。その後、実力を認められビズアップ協力デザイナーに。

主な実績
高校生の時に地元のロゴマークのコンテストで準優勝


トップへ戻る